ダンス掲示板

20303

ここができていないという先生 - 管理人

2017/04/16 (Sun) 05:00:25

ダンスの先生にもいろいろな人がいて、いろいろな教え方があります。先生同士は、他の先生の教え方についてものを言わないのが不文律のようです。
生徒さんは、ダンスを習いに来ています。いろいろなことが分からないし、知らないから習いに来ているわけです。できていないのは、当たり前です。そこへもってきて、ここができていない、あそこができていないと指摘するのは、教えていることにはなりません。指摘するのは簡単です。「あなたは、バック・バランスになっています」、「あなたは、左足一本にきちんと体重が乗っていません」、「あなたは、ピボットでシルエットを崩してしまっています」・・・ ・・・
そうではなく、どうやって指摘した点をきちんとできるようにしていくかが、先生の使命だと思いますが、いかがでしょうか。

Re: ここができていないという先生 - tama

2017/04/17 (Mon) 06:29:55

管理人さん

まさに我が意を得たりです。

120%賛成です。

私自身も含めてですが、自分の踊りの欠点を自分で認識するのは至難の業だと思います。

おっしゃる通り生徒に対して、否定形で指摘することは生徒自身の欠点を知ってもらう上では大切だと思います。

しかし、その上で、先生は以下の様なことをしなければならないと思います。そうでなければカネを払う価値はないでしょう。


(1)生徒のその欠点の直接的な原因を指摘するだけにとどまらず根本的な原因がどこにあるのかを把握する

(2)なぜそれが原因になっているのか、具体的にかつ理論的に生徒に説明する

(3)どの原因を最も優先して直すべきなのか判断する

(4)その原因を直してもらうための方法にはどんなものがあるか生徒に説明する

(5)その生徒にとってどんな方法を取るのがよりよいかを判断する

(6)その方法によって改善されたかどうかを先生がチェックするだけではなく、可能ならば生徒自身でチェックできる方法を考える







Re: ここができていないという先生 - 管理人

2017/04/17 (Mon) 07:50:29

tamaさん

有難うございます。
生徒さんが上手くなると、来てくれなくなると勘違いしている先生もいるのだと思います。本当のプロじゃないですよね。
tamaさんもご指摘のように、部分的に悪いところを直すと、他のどこかが悪くなるといったケースは、良くあります。根本的な直しが求められます。人間の身体って、密接につながってるんですよね。また、各人、癖もあります。癖を直すって大変なことなのだと思います。
おっしゃるとおり、根本を見据えて、説明し、改善し、本人が確認できるようにすべきなのでしょうね。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.